/

この記事は会員限定です

[FT]ゼロ金利下の流動性リスク、MMFのパラドックス

[有料会員限定]
Financial Times

米国では当面、短期債の利回りがほぼゼロの状態が続く恐れがある。これが債券市場の異変を引き起こすのは避けられない。売り物がただ同然になった小売店が、通常の営業を続けられなくなるのと同じだ。

もっとも明白な変化は、MMF(マネー・マーケット・ファンド)で起きている。MMFは現金に近い位置づけの金融商品で、銀行預金よりも高い金利が得られる投資先になってきた。MMFの投資対象は主に短期債に限られる。組み入...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2454文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン