競馬実況アナ日記

フォローする

無観客の今、競馬場の「音」をTwitterで

2020/6/6 3:00
保存
共有
印刷
その他

1944年以来となる、ファンのいない競馬場での日本ダービーが終わりました。筆者はこの春、皐月賞と日本ダービーで無観客競馬のG1レースの実況を担当しました。コントレイルが15年ぶりとなる無敗での2冠を達成。本来なら偉業を称える大歓声が響いていたはずだと思うと、どこかやるせない気持ちになります。ファンの皆さんに早く競馬場に戻ってきてほしいと願うばかりです。

さて、無観客競馬が始まってから、ファンの間で大きな話題となったSNS(交流サイト)があるのをご存じでしょうか。阪神競馬場の公式ツイッター(@HanshinKeibaJo)です。写真や動画で競馬場の風景を切り取り、積極的に発信。ステイホームで競馬を楽しむファンの目や耳を楽しませています。

「普段見ることのできないシーンを届ける」

このツイッターを運営している、いわゆる「中の人」にお話を伺いました。日本中央競馬会(JRA)阪神競馬場お客様課サービス係の吉田歩さんです。吉田さんが発信するツイートは競馬の世界を飛び越えて反響を呼び、先日はNHKのテレビ番組「ノーナレ」でも取り上げられました。

阪神競馬場の公式ツイッター

阪神競馬場の公式ツイッター

「部署の業務としてSNSの運営があります。『イベントの告知に使用する』と昨年3月にツイッターの運営を引き継ぎました。そのときには特別な感情はなかったんです。転機になったのは昨年の夏ごろ。平日にスタンド内を歩いたりコースを眺めたりするのが好きなのですが、6月の開催が終わった後、大きなクレーン車を使って芝の張り替え作業をしているシーンを見かけました。それがとても興味深く映り、多くの人に見てほしいと思いました。そこから、競馬ファンが普段見ることのできないシーンを届けようと考えるようになりました」

コロナ禍で無観客競馬が進む中、阪神競馬場公式ツイッターの発信は増えました。そこには「競馬場に来たくても来られない方に、競馬場の様子を届けたい」という吉田さんの強い思いがあったのです。

「無観客での実施が決まったのが2月29日の阪神競馬開幕の直前でした。来場を楽しみにしていた方々はなおさら寂しい思いをしているだろうと、競馬場の『今』を発信するようになりました」

ひときわ大きな話題となったのが『HORSE RACE SOUND』という動画。普段は歓声やざわめきでかき消されるはずの、競馬場の"音"に注目したこの動画はツイッター上で16万回以上も再生されました。音が注目され、話題となるのは、ラジオというメディアで働く筆者としては大変うれしく感じます。

「無観客競馬になってから、パドックでの号令や、レースで競走馬が駆け抜ける音などが、すーっと耳に入ってくるようになりました。歓声という音がなくなったことがきっかけで、競馬そのものが持つ音の魅力を再確認したのが大きいです。そしてその音に耳を傾けていると、改めてファンの歓声のパワーの大きさが感じられるという循環が生まれました。心にダイレクトに届き、絶えず気持ちを動かし続ける音の力はすごいと感じています」

第64回大阪杯を制したラッキーライラック(右)。ツイッターを通じてファンから祝辞が届いたという=共同

第64回大阪杯を制したラッキーライラック(右)。ツイッターを通じてファンから祝辞が届いたという=共同

G1レースの優勝馬を称える声をファンに録音してもらい、その声を動画に収録して公開するという企画も実施。競馬場で声援を送ることのできないファンと、観客のいないレースの現場や関係者とを結ぶ橋渡しとなりました。「たくさんのファンが『おめでとう』の声を届けてくれました。大阪杯を優勝したラッキーライラック(栗東・松永幹夫厩舎)を担当する丸内永舟調教助手がその動画をご覧になったそうで、お礼の言葉を届けてくれたことがとても印象に残っています」

多くの反響と支持を集めるツイートの数々。企画の素晴らしさもさることながら、ファンの支持を集める大きな理由のひとつには、吉田さんの競馬愛がツイートににじみ出ていることにある、とも感じるのです。

ファンとの交流が「楽しい」

「父が競馬好きで、僕が小さい頃、父は土日になると家で競馬新聞を広げ、予想にいそしんでいました。家族で出かけてもメインレースの時間になるとラジオをつけたり、時には家電量販店のテレビコーナーに立ち寄ったりするほど。その影響で僕自身も競馬を好きになり、大学生になってからは友人と競馬場へ行ったり、夏には北海道へ行って牧場見学をしたりしていました」

いまも時々、吉田さんが足を運んで撮影した、全国各地の地方競馬の風景を紹介するツイートが投稿されることも。学生時代にその魅力にはまり、全国の地方競馬場や牧場などを訪ねるようになったそうです。

ツイッターをやってよかったことは?という質問に「昔から憧れていた競馬界の著名人とお話できることがうれしくて」と笑う吉田さん。しかし、襟を正してこう続けます。

阪神競馬場の芝コース上に立つ吉田歩さん=本人提供

阪神競馬場の芝コース上に立つ吉田歩さん=本人提供

「ツイートを通じてファンの方々と競馬の話ができるのが、純粋に楽しいと感じています。興味深い投稿ができるよういろいろと勉強して、新しいことを知り、自分の中で競馬の知識が増えていると実感できることも『中の人』になってよかったと思えることの一つです」

筆者も阪神競馬場公式ツイッターのファンの一人。実は吉田さんと筆者、年齢は離れていますが同じ大学の出身で、同じ名前(吉田さんは「あゆみ」、筆者は「あゆむ」)ということもあり親近感を覚えていました。それだけにどこか誇らしい気持ちもあり、これからも末永く続けてもらいたいと願っています。

最後に吉田さんから、競馬ファンに向けてメッセージをいただきました。

「無観客競馬が続き、競馬ファンの皆様には寂しい思いをさせてしまっていると感じています。そのような状況の中で、少しでも阪神競馬場のツイッターが息抜きとなるようこれからも頑張っていきたいです。競馬サークル全体、そしてファンの皆様と一致団結して、この苦境を乗り越えていきたいと思っています」

(ラジオNIKKEIアナウンサー 小塚歩)

各アナウンサーが出演、ラジオNIKKEIの競馬番組はこちらでチェック! http://www.radionikkei.jp/keibaradio2/

競馬実況アナ日記をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

競馬のコラム

電子版トップスポーツトップ

競馬実況アナ日記 一覧

フォローする
5月31日の日本ダービー当日も東京競馬場西側連絡通路は無人だった

 男もすなる日記というものをアナウンサーもしてみむとてするなり。2020年も半分が過ぎました。今年の上半期を振り返って書いてみたいと思います。
 ◇1月30日(木) 会社にて◇
 前日29日に川崎競馬場で …続き (7/4)

東京都文京区小石川の石川啄木が最期を迎えた地

 中央競馬の夏の北海道シリーズが始まった。北海道への移動は函館、札幌とも航空機が基本。夕方の便に乗れば、進行方向左側の窓から美しい夕陽を見ながらの飛行になる。函館につく頃には、市内の街並み、五稜郭、そ …続き (6/20)

阪神競馬場の芝コース上に立つ吉田歩さん=本人提供

 1944年以来となる、ファンのいない競馬場での日本ダービーが終わりました。筆者はこの春、皐月賞と日本ダービーで無観客競馬のG1レースの実況を担当しました。コントレイルが15年ぶりとなる無敗での2冠を …続き (6/6)

ハイライト・スポーツ

[PR]