トランプ氏、軍動員反対の国防長官叱責 抗議デモ巡り

2020/6/4 11:30 (2020/6/4 13:30更新)
保存
共有
印刷
その他

エスパー米国防長官は「大統領選が近づき、国防総省が政治から距離を置くことがとても難しい」と語った=ロイター

エスパー米国防長官は「大統領選が近づき、国防総省が政治から距離を置くことがとても難しい」と語った=ロイター

【ワシントン=中村亮】トランプ米大統領が全米に広がる抗議デモに対して検討する連邦軍動員をめぐり政権内の混乱が表面化した。エスパー国防長官は3日、首都ワシントン近郊に集めた連邦軍の一部退散を命じたが即座に撤回した。デモ隊に対する軍の威圧に固執するトランプ大統領の意向に応じたものだ。「強い指導者」を演出したいトランプ氏が軍を政治利用しているとの懸念が強まっている。

「(11月の大統領)選挙が近づき、国防総省が政治から距離を置くことがとても難しい」。エスパー氏は3日の記者会見でこう漏らした。トランプ氏がデモ暴徒化を抑えるため自らの指揮下にある連邦軍の動員を辞さず強硬姿勢を貫いていることを念頭に置いた発言だ。エスパー氏が現時点で軍動員に反対する意向を示したのは米軍がトランプ氏の大統領再選を支援しているとみなされるのを避ける狙いだった。

複数の米メディアによると、会見後にホワイトハウスを訪れたエスパー氏をトランプ氏は叱責した。エスパー氏は面会前に首都ワシントンの近郊に集めた連邦軍のうち200人を拠点基地に戻るよう命じていたがトランプ氏は撤回を要求。米軍当局者は連邦軍が首都近郊を離れる予定は3日時点でないと説明しており、トランプ氏がエスパー氏を翻意させたことになる。

元国防総省高官は「国防長官が米兵配置に関する決定を数時間で撤回するのは極めて異例だ」と話した。「米軍の政治利用に反対する意向を示したエスパー氏の本気度に疑いを持たざるを得ない」と指摘した。トランプ氏は3日、「法と秩序!」とツイッターに書き込んだ。デモ隊の暴徒化に対して厳しく対処することを改めて強調した。

国防総省にとっては連邦軍の国内動員はハードルが高い。連邦軍は海外派遣を想定し敵の兵士や戦闘員との戦闘を前提に訓練しており、原則として国内の警察活動の後方支援などを想定していない。多くの州知事が動員済みの州兵は暴動鎮圧を主要任務としており連邦軍よりも適任とみる。州兵は40万人程度の動員の余地が残っている。

米メディアによると、マティス前国防長官は3日の声明で、全米で広がる抗議デモに関して「3年間にわたる成熟した指導者の不在が引き起こしたものだ」と断じ、トランプ氏を痛烈に批判した。「(政府の)対応に軍事を持ち込むほど米軍と市民社会に誤った紛争を生む」と語り、デモ鎮圧に向けた連邦軍動員に慎重であるべきだとの立場を強調した。

黒人差別をきっかけとした暴動に対処するため連邦軍は過去に何度も州に派遣されたことがあるが、西ミシガン大のトレイシー・ブラム教授は「軍派遣が大きな政治問題になったという事例を思い出せない」と語った。暴動を鎮圧できない州が連邦政府に派遣を要請するケースが大半で「連邦政府から積極的に派遣の可能性をちらつかせるのは異常だ」という。

トランプ氏はこれまでも米軍の政治利用を疑わせる言動を繰り返してきた。メキシコとの国境からの不法移民の流入を防ぐとして米軍を派遣し、国防予算を壁建設に振り向けた。2019年の独立記念日では大統領が控えめに振る舞う慣習を破り、式典に戦車や戦闘機、軍楽隊を動員して国威発揚を図った。一方で選挙公約のシリア撤収に反発したマティス氏は辞任に追い込まれた。

ダニエル・デービス元陸軍中佐は米軍の政治利用に伴うリスクは、軍が客観的な情報を大統領にあげなくなることだと指摘する。トランプ氏はイラン革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」の司令官の殺害を突然指示し、全面戦争の瀬戸際まで対立を深めたことがある。こうした独断リスクが今後も高まりかねない。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]