/

この記事は会員限定です

「腕時計熱」は冷めない 外出自粛でも新規レンタル増

シェアエコ奮闘記(4)

(更新) [有料会員限定]

「腕時計を借りたいが、しっかりと消毒されているのか」。高級腕時計のレンタルサービス「カリトケ」を運営する、ななし(大阪市)は3月、新型コロナウイルスの感染拡大への対応に追われていた。「2割は減るやろな」。小山力也社長(40)は会員数の減少を覚悟した。だが、その予想はファンの情熱によって外れた。

右肩上がりの成長に逆風

「グランドセイコー」「ロレックス」といった高級腕時計を月額3980~1万9800円(税抜き)で貸し出す。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1323文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

シェアエコ奮闘記

若者を中心に広まるシェアリングエコノミー(シェアエコ)にも新型コロナウイルスの感染拡大は影響を及ぼしつつある。だが、シェアエコ経営者らは「危機をチャンスに」と立ち止まっていない。その奮闘の日々を追った。(この連載は本編4回と番外編1回で構成します)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン