妻殺害容疑で自衛官逮捕 警察にDV相談、大阪

2020/6/4 8:39 (2020/6/4 11:09更新)
保存
共有
印刷
その他

大阪府警和泉署は4日、自宅で妻の首を絞めて殺害したとして、大阪府和泉市阪本町、陸上自衛隊信太山駐屯地(同市)勤務の3等陸曹、井口直樹容疑者(25)を殺人容疑で逮捕した。容疑を認めている。

同署によると、2016年10月から19年9月まで計3回、夫婦双方や妻からDV(ドメスティック・バイオレンス)の相談があったといい、署員が定期的に連絡して対応していた。

4日午前1時20分ごろ、井口容疑者の上司とみられる男性が「部下が妻の首を絞め殺したと言っている」と110番。駆けつけた署員が集合住宅の一室で妻の朋子さん(31)が倒れているのを発見し、井口容疑者を逮捕した。同署は事件の詳しい経緯を調べている。

陸自信太山駐屯地は「隊員がこのような事案を起こしたことは誠に遺憾で、大変申し訳ない。警察の捜査に最大限協力し、適切に対処して参りたい」とコメントした。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]