/

この記事は会員限定です

人種の壁、マネーの力で挑む投資家

米州総局 大島有美子

[有料会員限定]

3日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3日続伸し、前日比527ドル(2.1%)高の2万6269ドルで終えた。朝方発表の民間の雇用統計などが市場予想ほど悪化せず、経済再開への期待が買いにつながった。白人警官による黒人暴行死事件を巡る抗議デモの緊張感も和らぎつつある。その一方で、投資家は人種の多様性への向き合い方を改めて問われている。

3日の金融市場で話題になったのが、ソフトバンクグループ(SBG)が発表した1億ドル(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1106文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン