/

スウェーデン 都市封鎖なし「改善の余地」

(更新)

【ロンドン=佐竹実】スウェーデン政府で新型コロナウイルス対策を担う疫学者のアンデシュ・テグネル氏は3日「我々がやってきたことは明らかに改善の余地がある」と述べた。同国はロックダウン(都市封鎖)をせず、多くの人が感染して「集団免疫」を獲得することを目指す独自路線を取ったが、死者数が増えて批判が強まっていた。

地元ラジオのインタビューに答えた。英国など厳しい外出規制をした国とは対照的にスウェーデンは店舗などの営業を続け、学校も閉鎖しなかった。テグネル氏は「もし今持っている知識で同じ病気に出合うとしたら、我々の対応と他の国の対応との中間に落ち着くのではないか」と述べた。より厳しい対策を取るべきだったと認めた。

スウェーデンの新型コロナの死者数は約4500人で、北欧では突出して多い。隣国のノルウェーやデンマークなどが互いに入国制限を解除する中、スウェーデンだけは対象から除外。国民からも独自路線の新型コロナ対策に対する疑問の声が強まっていたという。

英紙フィナンシャル・タイムズによれば、テグネル氏は政策に改善の余地はあるが変更はしない、と説明した。100万人あたりの死者数でみると、スウェーデンは約440人。ロックダウン政策をとった英国(約590人)やイタリアなどよりも少ない。

スウェーデン政府に助言する疫学者のヨハン・ギーゼケ氏は「ロックダウンに効果があるという証拠はない」と語る。経済への影響も含め、長期的な視点で検証する必要があると指摘している。

新型コロナウイルスの感染が広がるなか、屋外のレストランで食事を楽しむ人たち(4月、ストックホルム)=ロイター
新型肺炎

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン