避難所「3密」防げ 大阪府など運営見直し、ホテル活用

2020/6/4 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大雨や台風など災害が増えるシーズンを前に、住民が集まる避難所での新型コロナウイルス感染を防ごうと、各自治体が運営の見直しを急いでいる。大阪府は3日、避難先を増やすため宿泊施設の活用などを新たに盛り込んだ指針を公表。飛沫感染を防ぐため段ボール製の間仕切りを検討したり、発熱者専用の避難所を設けたりする動きも出ている。

府の指針は災害時に避難所を運営する各市町村向けだ。吉村洋文知事は3日の記者会見で「…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]