プロ野球

西村氏、感染対策呼び掛け 巨人選手の陽性反応で

2020/6/3 21:45
保存
共有
印刷
その他

西村康稔経済再生担当相は3日の記者会見で、プロ野球巨人の選手2人が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性反応が出たことについて「選手の行動管理も含め、しっかりとしたガイドラインを作成してほしい」と述べ、感染防止対策を呼び掛けた。

プロ野球は19日に3カ月遅れとなる開幕を予定している。西村氏は、プロ野球で感染防止に向けた指針の議論が進んでいるとした上で「今回の事態を受けていろいろ検討されるんじゃないか」との見方を示した。今後、巨人の関係者らが追加でPCR検査を受ける予定があることも明らかにした。

新型コロナに関し「誰もが感染するリスクがある。非常に難しいウイルスであることを国民の皆さんに改めて理解してほしい」と強調した。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

西武戦に先発したロッテ・有吉=共同


 千葉の海風も味方に付け、今季初先発のロッテ有吉が白星を飾った。1点差に迫られた六回は無死二塁で西武の山川に初球をたたかれた。逆転の2ランかと思われたが、打球は風速14メートルを超える強風で戻され中飛 …続き (7日 23:11)

七回、吉田正が右中間に2ランを放つ=共同

 好調な選手は運も引き寄せるものだ。オリックスが3―0とリードした五回、吉田正がバットの先で捉えた打球は力なく遊撃へ。だが、不規則回転がかかった球はワンバウンドすると日本ハム・石井の想定外の跳ね方をし …続き (7日 23:09)

6回、今季1号となる2ランを放ち、笑顔でナインの祝福を受けるロッテ・安田(7日、ZOZOマリン)=共同

【ロッテ8―6西武】ロッテが連敗を3で止めた。0―1の五回に藤岡の適時打とマーティンの2点二塁打で逆転。六回に安田の2ラン、 …続き (7日 22:23)

ハイライト・スポーツ

[PR]