プロ野球

西村氏、感染対策呼び掛け 巨人選手の陽性反応で

2020/6/3 21:45
保存
共有
印刷
その他

西村康稔経済再生担当相は3日の記者会見で、プロ野球巨人の選手2人が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性反応が出たことについて「選手の行動管理も含め、しっかりとしたガイドラインを作成してほしい」と述べ、感染防止対策を呼び掛けた。

プロ野球は19日に3カ月遅れとなる開幕を予定している。西村氏は、プロ野球で感染防止に向けた指針の議論が進んでいるとした上で「今回の事態を受けていろいろ検討されるんじゃないか」との見方を示した。今後、巨人の関係者らが追加でPCR検査を受ける予定があることも明らかにした。

新型コロナに関し「誰もが感染するリスクがある。非常に難しいウイルスであることを国民の皆さんに改めて理解してほしい」と強調した。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

 巨人は開幕後に月1度のペースで実施する新型コロナウイルス感染を調べる7月分のPCR検査を4日までに行い、1、2、3軍の選手、監督、コーチ、スタッフ、スカウト計226人の全員が陰性と判定された。6日、 …続き (5:00)

プロ野球のソフトバンクは厳格な感染予防策を採った(5月、マスク姿の工藤監督(右)ら首脳陣)

 新型コロナウイルスにスポーツ界はどう立ち向かってきたのか。国内のチームに感染予防や体力維持について聞く民間調査が行われた。結果からは、各チームの悩みや工夫の跡が見えてくる。
 ラグビーなど19競技の日 …続き (6日 21:30)

 故障で出遅れたソフトバンクの千賀滉大投手が7日の楽天戦(ペイペイドーム)で先発し、今季1軍初登板を果たす。6日は本拠地で調整。捕手を座らせずにシンカー系の新球も交え、マウンドから23球を投じた。一塁 …続き (6日 16:17)

ハイライト・スポーツ

[PR]