/

この記事は会員限定です

狙われる先端技術 ロボットやバイオ、買収阻止

経済安保政策を追う(中)

[有料会員限定]

安全保障の観点から経済政策を立案する経済安保政策で最大のテーマが先端技術の流出防止だ。民間の技術を活用して国防力を強化する「軍民融合」の中国。これに対抗し、華為技術(ファーウェイ)などを脅威とみなし、米企業の取引を禁じた米トランプ政権。日本はこうした国際環境を見据えた戦略が要る。

海外流出を阻止すべき日本の技術とは何か。デジタル経済発展の核となる人工知能(AI)と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1158文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン