/

この記事は会員限定です

メルケル氏翻意、盟主の自負 EU共通債務を容認

[有料会員限定]

欧州連合(EU)がコロナ復興に向けた7500億ユーロ(約90兆円)規模の基金創設を打ち出した。市場が注目するのが、巨額の資金をまかなうために初めてEU一体で実施する5千億ユーロの債券発行だ。欧州の財政統合にもつながる歴史的な一歩を踏み出した背景には、これまで豊かな国から貧しい国への財政移転につながるとかたくなに反対してきたドイツのメルケル首相の翻意がある。

基金構想を提案

「巨大な危機は欧州にとって巨大な好機でも...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1430文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン