/

この記事は会員限定です

「買い戻し」株高を演出 過熱サインでもなお上昇?

証券部 二瓶悟

[有料会員限定]

東京株式市場で日経平均株価は3日続伸し、ここ8営業日の上昇幅は約2200円に達した。急ピッチの上げ相場を演出したのは、売り持ち高を抱えた投資家による買い戻し。空売りをしていたが思惑が外れて相場が上がり、損失覚悟の買い戻しを迫られた。売り方の買い戻しが一巡すれば株高局面は休止するとの見方があるが、相場は転換点を迎えるのだろうか。

「信用取引の売り方が苦しんでいる」。あるネット証券の担当者は個人投資家...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1128文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン