日銀、株価下支え一服 5月のETF購入65%減

2020/6/3 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日銀が金融緩和策の柱の一つである上場投資信託(ETF)の購入を減らしている。5月の購入額は前月比65%減の4220億円と約3分の1に減り、3カ月ぶりに1兆円を下回った。日経平均株価は新型コロナウイルスの感染拡大で急落した前の水準に戻りつつあり、実体経済の悪化が金融市場に跳ね返るリスクを抑え込んだ。一方で実体経済と株価の乖離(かいり)は景気の実像を見えにくくし、経済にさまざまな副作用も生みつつある…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]