フォトラクション、建設業務をAIで請け負い

2020/6/3 19:18
保存
共有
印刷
その他

建築・土木業者の生産支援を手掛けるフォトラクション(東京・中央)は、企業の業務を請け負うBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)事業を始めた。建設業に特化した人工知能(AI)を活用し、依頼を受けたフォトラクションのオペレーターが業務を代行する。

フォトラクションは建設に関する図面や現場写真の管理・閲覧システムを手掛ける

新サービス「Photoruction Eye(フォトラクションアイ)」では、建設業者がこれまで手掛けた案件の写真や図面、書類をフォトラクションのクラウド上にアップロードする。そのデータをAIに学習させ、建設プロセスに不可欠な現場の写真の整理や図面から必要な資材の分析の時間を短くした。AIで補いきれない部分はフォトラクションのオペレーターが作業する。

料金は当面、フォトラクションと利用企業との相対で決める。今後は月額の基本料金に加えて、チケットをネット経由であらかじめ購入して利用時に使う形式を導入する予定だ。

フォトラクションはスパークス・グループ運営のファンド、DBJキャピタル、SMBCベンチャーキャピタルなどを引受先とする第三者割当増資で5億7000万円を調達した。2016年の設立で、同社の写真や図面の管理・閲覧機能などを活用したプロジェクトは5万件を超えた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]