ヤオコー、医療支援で2億5000万円寄付

2020/6/3 19:00
保存
共有
印刷
その他

埼玉県地盤の食品スーパーのヤオコーは3日、関東1都6県に新型コロナウイルス感染症対策のため、総額2億5000万円の医療支援を決めたと発表した。埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、群馬県、茨城県、栃木県に、2億2000万円を店舗数などに応じて寄付する。埼玉県には防護服2万着とフェースシールド2万枚の計3000万円分の医療物資も寄付する。

寄付の目録を手渡したヤオコー川野会長(左)と受け取った大野埼玉県知事

ヤオコーの川野幸夫会長が3日、埼玉県庁を訪れて大野元裕県知事に目録を手渡した。大野知事は「これから感染の第2波がくる可能性もある。必要な所にしっかり届けたい」と話し、川野会長は「今後も役立てることがあれば協力していきたい」と応じた

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]