/

この記事は会員限定です

北大、新型コロナで試算 海外から1日10人入国で再燃

[有料会員限定]

北海道大学の西浦博教授らは、海外から新型コロナウイルスの感染者が入国すると、国内で再び大規模な流行が起きるとする試算をまとめた。1日当たり10人の場合、3カ月以内に再流行する確率は98.7%に達するという。PCR検査や入国後の待機要請では流行を抑える効果に限界があり、入国者数の制限を継続する必要があると説いている。

日本では現在111カ国・地域からの外国人の入国を拒否するなどの規制策をとっている...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り458文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません