/

接待伴う店、「キャバレー」など明示 官房長官

菅義偉官房長官は3日の記者会見で、接待を伴う飲食店の例として今後は「キャバレー」や「ナイトクラブ」など具体的な業態を示す方針を表明した。従来の新型コロナウイルスの感染リスクが高い場所に関する政府説明は「繁華街の接待を伴う飲食店」と具体的に示さないことが多かった。

記者会見する菅官房長官(3日、首相官邸)

菅氏は表現を変えた理由として「接待という文言は企業による取引先などの接待と誤解されるおそれが数多くある」と述べた。接待の意味が誤解され「なかなか飲食店に従来のお客さんが訪れていないという現状があった」とも語った。

政府高官によると、企業関係者が接待の際に利用する料亭などから明示するよう要望があったという。

政府の基本的対処方針はクラスター(感染者集団)が発生した施設として「繁華街の接待を伴う飲食店」と記述した。

これらの施設に関し、政府は都道府県に感染防止のガイドラインができるまで休業要請の対象とするよう求めている。緊急事態宣言を全面解除した5月25日に政府が都道府県知事に出した通知で触れた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン