無観客でもファンの熱気を サガシキ、人型パネル製造

2020/6/3 17:55
保存
共有
印刷
その他

新型コロナウイルスの感染防止のため無観客で開幕する予定のプロ野球やサッカー・Jリーグの試合を盛り上げようと、商品外装を企画・製造するサガシキ(佐賀市)は8日、競技場の観客席に置く等身大の人型パネル「ハコデサポーター」を発売する。観客席が空いている感じを抑えるのが狙い。スポーツチーム向けに販売する。

サガシキ(佐賀市)が制作する人型パネル「ハコデサポーター」

サガシキ(佐賀市)が制作する人型パネル「ハコデサポーター」

椅子にくくり付けるパネルは、ファンがスマートフォンなどで撮影した写真をもとに製作。特殊なフィルムでラミネート加工した耐水紙と段ボールシートを使い、屋外の雨天時でも使える。

無観客試合でも応援していることを選手に届けたい、サポーターとの連携を示したいというファンやチームの要望に応えたいと企画した。Jリーグのサガン鳥栖などに導入を促している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]