完全民営化の新千歳に作戦本部、コロナ後への種まき

インバウンド
2020/6/3 19:10
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染終息後に向け、北海道エアポート(HAP、北海道千歳市)は動き始めている。新千歳空港(同)が完全民営化した1日、社内の一角には「北海道オペレーションセンター」が登場した。交通や気象などあらゆる情報を集約して一元管理し、他の6空港との連携でも要となる戦略拠点だ。

センターは鉄道やバスといった二次交通の運行情報や気象予報、管制からの運航状況など様々な情報を集約し、集まった情報を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]