/

インターステラ、6月にロケット打ち上げ発表

インターステラテクノロジズは延期となっていた「モモ」5号機を6月中に打ち上げると発表した(写真はモモ3号機)

ロケット開発スタートアップのインターステラテクノロジズ(IST、北海道大樹町)は3日、延期していた小型観測ロケットを6月に打ち上げると発表した。新型コロナウイルスの感染防止策として、見物者が打ち上げ場所付近に来訪しないよう、日程は前日まで公表しない。

「えんとつ町のプペルMOMO(モモ)5号機」の打ち上げは当初5月2日を予定していたが、大樹町からの中止要請を受けて延期していた。立ち入り制限区域を拡大するなど、新型コロナ対策を徹底して打ち上げる。

打ち上げ延期決定後にクラウドファンディングで1000万円で販売した命名権が購入され、名称が決定した。約2500人から約4200万円の支援金を集めた。稲川貴大社長は「ロケットで上を向く良いきっかけになるのではないか。勇気づけられるようにしたい」と話した。

新型肺炎

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン