フィリピン、南シナ海で対中警戒強める 米との協定維持

2020/6/3 17:41
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【マニラ=遠藤淳】フィリピン政府は2日、米国に対して破棄すると通告していた「訪問軍地位協定(VFA)」の失効時期を当面先送りすると表明した。VFAは米軍との合同軍事演習などの根拠となる。南シナ海で中国の軍事行動が活発になっているため、米軍と関係を悪化させるのは得策ではないと判断したと見られる。

在フィリピン米国大使館は2日、「フィリピン政府の決定を歓迎する。安全保障上の協力関係が継続されたことを…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]