信越で公共BB、上空利用で災害時の情報伝達に

2020/6/3 17:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

災害時の情報伝達手段として「公共ブロードバンド移動通信システム(公共BB)」が注目されている。総務省信越総合通信局は上空で使用した場合も送信出力を抑えるなどで他の無線への影響を極力を抑えられることを実証した。全国で自然災害が相次ぐなか、遠方までの映像配信などに適する公共BBは、情報伝達の有効手段となりそうだ。

「上空での利用が広がれば利用者の裾野の拡大につながる」。総務省信越総合通信局の上川政宏…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]