/

鳥羽水族館に巨大伊勢エビ 三重、重さ通常の10倍

三重県鳥羽市の鳥羽水族館に体長約38センチ、重さ約2.1キロの巨大伊勢エビが持ち込まれ、展示されている。市場で取引される伊勢エビは通常200~300グラムで、約10倍。同館担当者は「数年に一度見られるかどうかの大きさ」と驚いている。

巨大伊勢エビと普通の伊勢エビ(三重県鳥羽市、鳥羽水族館提供)=共同

同館によると、巨大伊勢エビは三重県南伊勢町で捕獲され、同町の水産加工業者が市場で落札。「これだけ大きいのは珍しい。多くの人に見てもらいたい」と鳥羽水族館に寄贈した。

同館では2017年に体長約39センチ、重さ約2.3キロの伊勢エビを飼育したことがある。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン