/

この記事は会員限定です

米上場の中国企業、対立のはざまで「自国回帰」

[有料会員限定]

【上海=松田直樹、香港=木原雄士】米国に上場する中国企業の「自国回帰」が広がっている。米ナスダック市場に上場するゲーム大手のネットイースと、ネット通販大手の京東集団(JDドットコム)が6月中に香港取引所に重複上場する見通し。募集が始まったネットイース株には個人投資家の人気が集まる。背景には有力企業を支援しようとする中国側の事情も垣間見える。

ネットイースは6月11日に香港に上場する計画で、約1億7...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1453文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン