/

この記事は会員限定です

コロナ対策予算1兆円 東京都の財政先行き「黄信号」

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大で経済社会が被った痛手は大きく、第2波への警戒感も強い。その対策に2020年度の第2次補正予算を編成した政府と同じく、自治体も最大級の財政出動を繰り返してきた。その筆頭が東京都で、コロナ対策として計上した予算は1兆円に上る。生活を守るうえで必要な支出とはいえ、都財政の先行きには黄色信号が点滅し始めている。

検査体制の強化、休業協力金の支給、感染防護具の備蓄、オンライン学...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2153文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン