/

この記事は会員限定です

コロナ肺炎診断にAIの目 エムスリー、アリババと開発

(更新) [有料会員限定]

ソニー系で医療情報サービスのエムスリーは中国アリババ集団と連携し、人工知能(AI)を使い新型コロナウイルスによる肺炎を診断するシステムを開発した。厚生労働省に製造販売の承認を申請した。日本はPCR検査体制の遅れが指摘される中、AIを使った効率的な検査ができれば感染者を把握しやすくなり、感染の第2波への対策も打ちやすくなる。

アリババのAIを自社開発の画像診断システムに組み込んだ。医療機関で撮影したコンピューター断...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1525文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン