コロナ肺炎診断にAIの目 エムスリー、アリババと開発

2020/6/3 14:19 (2020/6/4 5:33更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ソニー系で医療情報サービスのエムスリーは中国アリババ集団と連携し、人工知能(AI)を使い新型コロナウイルスによる肺炎を診断するシステムを開発した。厚生労働省に製造販売の承認を申請した。日本はPCR検査体制の遅れが指摘される中、AIを使った効率的な検査ができれば感染者を把握しやすくなり、感染の第2波への対策も打ちやすくなる。

アリババのAIを自社開発の画像診断システムに組み込んだ。医療機関で撮影し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]