ガルーダ航空、パイロットの1割を解雇 コスト削減急ぐ

2020/6/3 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ジャカルタ=地曳航也】国営ガルーダ・インドネシア航空は3日までに契約社員のパイロット135人を契約期限前に解雇した。同社幹部が3日、明らかにした。正社員含めて約1400人いるパイロットの1割にあたる。新型コロナウイルスの感染拡大のあおりで国内線、国際線ともに大幅な減便を強いられ業績が悪化しており、固定費の削減を急ぐ。

イルファン・スティアプトラ社長は2日、新型コロナで影響を受けた需要と供給を均…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]