/

この記事は会員限定です

米暴動、過激派団体が扇動 ツイッターで工作活動も

[有料会員限定]

【ワシントン=中村亮】白人警官の暴行による黒人男性の死亡事件に対して全米で抗議デモが暴徒化している背後に、過激派団体の関与が浮上してきた。SNS(交流サイト)で極左団体を装って暴力を扇動したり、州をまたいで都市部で組織的に略奪を行ったりする手口が分かってきた。平和的な抗議デモを妨げる過激派団体の暗躍は黒人差別撤廃を求める機運を損ねるとの懸念が広がっている。

「同志たちよ。今夜、都市を襲撃するときだ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1394文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン