/

ハイフラックス、会計不正で警察や当局が捜査

【シンガポール=谷繭子】シンガポールの警察など政府当局は不正会計の疑いで同国の水処理企業、ハイフラックスの捜査を始めた。カリスマ経営者とみなされていた創業者のオリビア・ラム会長も対象とみられる。2018年に経営難に陥り、2年たってもスポンサーが決まらない同社の再建の見通しは、いっそう混沌としてきた。

海水淡水化施設「トゥアスプリング」が経営破綻の原因となった

警察とシンガポール金融通貨庁などが同社と取締役らを対象に捜査を始めたと2日発表した。11~18年の不正会計に加え、経営破綻の原因となった同国最大の海水淡水化施設「トゥアスプリング」に関する虚偽申告と情報開示違反の疑いだ。

トゥアスプリングはハイフラックスが10億シンガポールドル超(約800億円)を投じ、16年に完成した。同社は電力事業参入を狙い、発電所を併設したが、電力の価格崩壊で業績が悪化。18年5月に資金繰りがつかなくなり、裁判所から28億シンガポールドルの負債の支払い猶予を受けて再建を目指した。トゥアスプリングは国が接収した。

再建は迷走している。インドネシアの大手財閥サリム・グループからの出資合意が19年に破談となった際、サリム側は「ハイフラックスが重要な情報を開示しなかった」と主張していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン