/

この記事は会員限定です

鉄くずなどの廃材、需要減でも値上がり コロナで発生減る

工場稼働・解体工事の停滞で

[有料会員限定]

鉄や非鉄スクラップなど工業製品に再利用する廃材の取引価格が上昇している。新型コロナウイルスの影響で製造業の工場稼働が鈍ったほか建物の解体工事も止まり、鉄くずなどの発生が減ったためだ。鋼材を使った製品の生産が落ち込むなど廃材需要はさえないのに、需給が引き締まった。段ボール古紙も廃品減で価格が下げ止まった。経済活動が復調して廃材が増えるまで、価格は強基調が続きそうだ。

電炉が作る鋼材の原料になる鉄ス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1001文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン