めざすはリクルート 山口FG、50歳新社長の「脱地銀」
本社コメンテーター 上杉素直

金融コンフィデンシャル
上杉 素直
コラム(経済・金融)
本社コメンテーター
2020/6/4 2:00 (2020/6/4 5:44更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

250年以上続いた江戸時代の末期、行き詰まった藩政をいち早く改め、倒幕を推し進めたのが「薩長土肥」と呼ばれる西日本の有力藩だった。その1つである長州藩は松下村塾で知られる吉田松陰や高杉晋作、伊藤博文らそうそうたる人材を輩出し、明治維新に大きく貢献した。幕府のある江戸と地理的に遠く離れていたことが新たな時代へのうねりを生み出す独立心の土壌になった、という解説も付け加えられる。

そんな土地柄は現代に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

上杉 素直

本社コメンテーター

金融・経済政策

金融ビジネスや金融政策、税制・財政をはじめとする経済政策、社会保障の現場を取材してきた。2010年からのロンドン駐在では欧州債務危機に揺れる政治や行政、人々の暮らしをのぞいた。編集委員を経て18年から現職。

    ソーシャルアカウント:

本社コメンテーター

電子版トップ



[PR]