省庁越え政策練る「経済班」 コロナや技術流出に対処
経済安保政策を追う(上)

2020/6/3 2:00 (2020/6/3 5:12更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

安全保障の裾野が経済に広がり、政府が経済安保政策に本腰を入れはじめた。4月に国家安全保障局(NSS)に発足した経済班が司令塔となる。各国がしのぎを削る人工知能(AI)など最先端技術の流出防止に加え、新型コロナウイルスは医療を含めた新たな課題を浮き彫りにした。

首相官邸のすぐ裏に建つ9階建ての国有ビル「内閣府庁舎別館」の一角に最近、慌ただしく動く部署がある。NSS経済班だ。菅義偉官房長官は4月6日…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]