群馬知事「県内経済、極めて厳しい」
コロナ危機 地方揺らぐ

2020/6/2 19:08
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスのクラスター(集団感染)が多発した群馬県。経済・社会活動の再開には慎重姿勢だったが、5月30日からは県独自の警戒度を「2」に引き下げ、県内全ての事業者・学校機関への休業要請を解除した。これまでの対応をどう評価し、今後の県政をどう進めていくのか。山本一太知事に聞いた。

――新型コロナ対策をどう評価しますか。

「新型コロナは長期戦が予想されており、実績を評価するのは早計だ。ただ、群…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]