/

この記事は会員限定です

動き始めた待機資金 増える「楽観」も過熱サイン点灯

証券部 須賀恭平

[有料会員限定]

株式市場に「楽観」が広がっている。米国では投資の「待機資金」がリスク資産に向かい始め、米国株相場を起点に日本株も一段高となることを期待する声も出てきた。一方、急ピッチな上昇で、短期的な相場の過熱感を示す指標も点灯している。ふとしたきっかけで急落しかねない危うさも漂ってきた。

日経平均が2万円の大台を回復したのが4月末で、2万1000円台に乗せたのは5月26日だった。そこからわずか1週間で2万20...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1028文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン