/

この記事は会員限定です

病院の隣にアリーナ 「支援」求めず「貢献」貫く

欧州パラリンピック紀行(5) 英ストーク・マンデビル

[有料会員限定]

パラリンピックのルーツとなる障害者スポーツ大会を1948年に世界で初めて開いたのが、英国のストーク・マンデビル病院だ。ロンドンから列車で1時間ほどの病院の隣にはいま、陸上競技場、ジムとプールがあるアリーナ、テニスコート、宿泊棟などを備えたスポーツコンプレックス「ストーク・マンデビル・スタジアム」がデンと居を構えている。こちらが主役、とでも言いたげな存在感がある。

病院に併設する運動施設といえば、日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り883文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン