OSテック、医療用テントを6月中旬から販売

2020/6/2 20:00
保存
共有
印刷
その他

テント倉庫の設計・建築を手掛けるOSテック(浜松市)は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、医療用テント「無菌陰圧テントルーム」を開発した。6月中旬以降に販売を始める。内部の気圧を低く保つ「陰圧」仕様で、ウイルスなどが外に漏れるのを防ぐ。

空気清浄装置などを手掛ける日本エアーテックの「排気ユニット」を2台搭載した。フィルターを通して空気を循環させる。

医療用のほか、災害時の避難場所や幼稚園の遊戯室としても使える。大きさは幅5メートル、奥行き10メートル、高さ3メートル。価格は600万円前後(税別)を想定する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]