/

この記事は会員限定です

拡大G7構想、足並みに乱れ 「中国包囲網」に困惑も

[有料会員限定]

主要7カ国首脳会議(G7サミット)の枠組み拡大を巡り、足並みが乱れている。2020年の議長国を務める米国のトランプ大統領はロシアなど4カ国を招待し規模を拡大する計画を明らかにしたが、ロシアは参加に慎重な姿勢を示し、英国などは反対を表明した。トランプ氏は香港問題や新型コロナウイルスへの対応などで対立する中国への包囲網を形成するためサミットを活用したい考えだが、慎重論が相次いでいる。

トランプ氏は5月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1027文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン