/

この記事は会員限定です

中部地銀・信金、資本支援に軸足 十六銀は劣後ローン

新型コロナ・中部の衝撃

[有料会員限定]

中部の地銀や信用金庫が「ポストコロナ」に向けた取引先の経営支援に乗り出した。融資でも返済順位が低い「劣後ローン」に力を入れたり、海外商談会を再開して販路を広げたりと知恵を絞っている。新常態で資金繰りはもちろん、今後ニーズの高まる中長期の事業再建に力を入れる。

にわかに注目を集めているのが劣後ローンだ。十六銀行は5月下旬、新型コロナウイルスの流行で一時的に経営が悪化した医療機関や旅館などを対象に取り扱いを始...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1082文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン