東ハト、ひと口サイズのポテチに塩だれレモン味

2020/6/2 16:06
保存
共有
印刷
その他

東ハト(東京・豊島)はひと口サイズの厚切りポテトチップス「ひとくちあみじゃが・塩だれレモン味」を発売した。網状にカットしたポテトチップスに濃厚な塩だれとさっぱりしたレモン風味を組み合わせた。おやつやおつまみ向けの商品として、20~30代の需要を見込む。

東ハトが発売する厚切りポテトチップス「ひとくちあみじゃが」。流行のレモン味を取り入れた

「ひとくちあみじゃが」からレモン味を発売するのは初めて。レモンサワーなどレモン関連飲料の人気を受け、飲料だけでなくレモン風味のスナック菓子にも人気が拡大すると判断した。同社はレモン風味のクッキー「ソルティ・塩レモン」を16年から20年まで毎年、春から夏にかけて期間限定で販売してきた。塩レモン味はクッキーに加え、スナック菓子との相性もいいと考え「注目しているフレーバー」(東ハト)だという。

全国のコンビニエンスストアで販売中。15日からはスーパーやドラッグストアなど全国の小売店に販路を広げる。内容量は36グラム。価格はオープンで、税別132円。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]