/

この記事は会員限定です

サイゼリヤ社長、席数8割で利益確保 コロナで改革

(更新) [有料会員限定]

新型コロナウイルスの影響による外出の自粛でサイゼリヤの4月の既存店売上高は61%減と過去最大の減少を記録した。コロナの影響が徐々に収束に向かうなか、今後は感染防止に向けた店舗のレイアウト変更など、これまでとは違う体制づくりが迫られている。どう立て直すのか、堀埜一成社長に見通しを聞いた。

――新型コロナで店はどう変わりましたか。

「人々は距離を取ることが常態化し、より安全・清潔を求めるようになった。コロナ前の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1039文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン