/

雇用調整助成金、オンライン申請5日に再開へ

加藤勝信厚生労働相は2日の閣議後の記者会見で、不具合を受けて稼働を止めていた雇用調整助成金のオンライン申請のシステムについて5日に再開すると明らかにした。システムは運用開始初日の先月20日に、他人の名前やメールアドレスなど個人情報を閲覧できる問題が発生していた。加藤厚労相は「必要なシステム改修を行い、再発防止に努めていきたい」と語った。

雇用調整助成金は新型コロナウイルスの影響などで業績が悪化した企業が、従業員に支払った休業手当の費用を助成する。ハローワークの窓口などで申請を受け付けているが、申請窓口が混雑する問題が発生。混雑緩和や企業の負担を軽減するため、オンライン申請に急きょ対応した。

他人の個人情報が閲覧できる問題は、複数の申請者が同じタイミングで登録作業をすると同一のIDが付与される仕組みのために生じた。運用再開にあたって、ID付与の仕組みを見直し、重複が発生していないか確認す仕組みも追加するという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン