7/14 10:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: NYダウ続伸10ドル高 一時563ドル高もコロナ再拡大嫌気
  2. 2位: コロナ下、動き出す消費 家電や自転車に給付金需要[有料会員限定]
  3. 3位: IT株騰勢でにじむ焦り 機関投資家、出遅れ挽回へ[有料会員限定]
  4. 4位: 米ファイザーの新型コロナワクチン、FDAが優先審査
  5. 5位: 半導体2兆円買収 帰ってきた合併の月曜日(NY特急便)[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,611.55 -173.19
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
22,580 -130

[PR]

NQNスペシャル

フォローする

東大・西成教授「渋滞学の発想で感染防止と経済両立」
コロナ後の資本主義

2020/6/2 8:55
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大ペースが国内で鈍化し、政府は5月25日に緊急事態宣言の全面的な解除を決定した。ただ、感染再拡大への懸念は残り、今後は感染拡大防止と社会活動を両立する「新しい生活様式」への対応が必要になる。その1つが、いわゆる3密(密閉、密集、密接)の回避だ。自動車だけでなく、人や物流の滞りも含めた広義の「渋滞」を第一線で研究してきた東京大学の西成活裕教授は、渋滞学のキーワードである「…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム