/

この記事は会員限定です

東大・西成教授「渋滞学の発想で感染防止と経済両立」

コロナ後の資本主義

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大ペースが国内で鈍化し、政府は5月25日に緊急事態宣言の全面的な解除を決定した。ただ、感染再拡大への懸念は残り、今後は感染拡大防止と社会活動を両立する「新しい生活様式」への対応が必要になる。その1つが、いわゆる3密(密閉、密集、密接)の回避だ。自動車だけでなく、人や物流の滞りも含めた広義の「渋滞」を第一線で研究してきた東京大学の西成活裕教授は、渋滞学のキーワードである「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2247文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン