アドバンストメディア、ビデオ会議対応の文字起こし

2020/6/2 8:00
保存
共有
印刷
その他

音声ソフト開発のアドバンスト・メディアは、ビデオ会議システムを使った会話の文字起こしができるソフトウエアを発売したと発表した。パソコン上で再生や集音する音声に対応し、クラウドを介さずに端末上で文字に変換する。新型コロナウイルスの感染拡大でビデオ会議の需要が増えており、企業の導入から30日間は無償で提供する。

「アミボイス スクライブアシスト」の提供を始めた。「ズーム」や「チームズ」などを使ったビデオ会議システムと同時に立ち上げると、会議の音声をリアルタイムで文字にする。音声エンジンはビジネス会話に対応。人工知能(AI)が発話者を自動で識別する機能もある。オフラインの会議にも使える。

インターネットに接続しない状態で文字起こしするため、セキュリティー上の懸念が少ないのが特徴。重要な発言に印を付けたり、誤変換を直したりといった編集作業まで1つのソフトで済む。料金は月額課金で9万円前後を想定する。アドバンスト・メディアは2021年夏までの1年間で累計1億円の売り上げを見込む。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]