/

この記事は会員限定です

京大発の新材料実用化 日本フッソ工業

フッ素加工 寿命5倍

[有料会員限定]

日本フッソ工業(堺市)は京都大学らと共同で、金属表面を守るフッ素樹脂コーティングを長寿命化する新技術を開発した。化学メーカーの工場での活用などを想定しており、金属製タンクの内壁を薬液が浸食する時間を従来比で5倍以上遅らせることができる。京大の北川進特別教授が手掛ける次世代の材料技術を応用。京大の最先端の研究成果を実用化につなげる事例として注目を集めそうだ。

北川氏が発見した「多孔性金属錯体」は活性...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1343文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン