京大発の新材料実用化 日本フッソ工業
フッ素加工 寿命5倍

2020/6/1 21:54
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本フッソ工業(堺市)は京都大学らと共同で、金属表面を守るフッ素樹脂コーティングを長寿命化する新技術を開発した。化学メーカーの工場での活用などを想定しており、金属製タンクの内壁を薬液が浸食する時間を従来比で5倍以上遅らせることができる。京大の北川進特別教授が手掛ける次世代の材料技術を応用。京大の最先端の研究成果を実用化につなげる事例として注目を集めそうだ。

北川氏が発見した「多孔性金属錯体」は活…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]