現金給付、迅速化へ二段構え まず任意で「名簿」作成

2020/6/2 2:05 (2020/6/2 5:40更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府・与党は各世帯へ迅速に現金給付する体制を二段構えでつくる。新型コロナウイルスの経済対策である10万円給付の遅れを受けて改善する。年内にも自治体が「給付名簿」をつくって管理できるよう法整備し、2021年にはマイナンバーから預貯金口座を確認できるよう法改正する。

自民、公明両党はそれぞれ1日の関連会合で、自治体がマイナンバーや振込先口座、氏名などをまとめて管理する名簿を作成できるようにする議員立…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]