SNS中傷防止策、年内に策定 政府・与党

2020/6/2 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府・与党はSNS(交流サイト)で相次ぐ匿名の発信者による誹謗(ひぼう)中傷への対策を検討する。被害者が裁判なしでプロバイダー(接続事業者)から発信者情報を得やすくする方策などの案が浮上する。法律や省令の改正を視野に年内に方向性をまとめる。

5月に死亡した女子プロレスラーの木村花さんがSNSで非難を受けていたことを受け、早急な対策が必要と判断した。

自民党は6月1日、党本部でインターネット上の誹…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]