/

ペッパーフード、食材仕入れ先社長から20億円借り入れ

「いきなり!ステーキ」を運営するペッパーフードサービスは1日、食材供給元であるエスフーズの村上真之助社長から20億円を同日付で借り入れたと発表した。返済期日は7月末。急速な出店と売り上げ不振、新型コロナウイルスの影響によって業績と財務が悪化しており、運転資金と返済資金の確保を急ぐ。

同社は19年12月期に連結営業損益が7100万円の赤字、フリーキャッシュフローは68億円のマイナスとなり自己資本比率も2%まで低下していた。20年1月以降、最大69億円の調達を想定した行使価格修正条項付きの新株予約権を発行したが、コロナショックで株価が低迷。調達は約17億円にとどまっていた。

4月の「いきなり!ステーキ」の既存店売上高は前年同月比63%減。20年1~3月期の決算発表日は「未定」としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン