長野―東京の高速バス再開、アルピコ交通 席数は半分に

2020/6/1 19:14
保存
共有
印刷
その他

アルピコ交通(長野県松本市)は1日、長野県内と東京・新宿などを結ぶ高速バスの一部の運行を6日から再開すると発表した。新型コロナウイルスによる外出自粛要請などを受けて、大半の路線が4月中旬から全便運休していたが、緊急事態宣言が解除されたことなどから再開を決めた。

松本―新宿線、長野―池袋・新宿線、松本―名古屋線など5路線の運行を再開する。いずれも通常より便数を大幅に減らす。乗客間の距離を取るために通路側の席は販売しないため、席数はほぼ半分になる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]